下請代金の支払いについて

R3年7月に「建設業法令遵守 ガイドライン」の「下請代金の支払手段」が改訂されました。 
それにより、
下請代金の支払いは、手形ではなく現金によること
手形の割引にかかる割引料のコスト等について下請業者と十分協議すること
手形サイトを60日にすること
3年以内を目途に実施していくこと
などが求められています。

 現在は下請代金の支払いにまだまだ手形が使われていることが多く、
手形が振り出されて現金化されるまでの手形サイトも90日~120日と長いのが現状です。

 また、2025年には約束手形が廃止されるということで、
手形の代わりにでんさいネットなどの電子手形を活用する方法が推奨されています。
従来の約束手形に比べて、紛失の心配や印紙代や郵送代がかからないといったメリットはもちろん、分割譲渡もできるとのこと。
 ただし、相手企業がでんさいネットを導入していないと使えないなどのデメリットもあるので、自社で活用できそうかどうかの検討は必要です。


 


建設業取引適正化推進期間が始まりました。

10月1日より12月28日までR3年度建設業取引適正化推進期間が始まりました。

この取り組みは、元請負人と下請負人の不適切な取引の適正化を図る目的で、国と県が連携して行っています。
具体的にどのような活動をしているのか、簡単にご紹介します。

実施内容
・ポスターの掲示
・建設業法令遵守に関する講演会
・立ち入り検査(合同立入検査を含む)
・各許可行政庁による自主的な事業
・各種相談窓口等(駆け込みホットライン等)の周知  等
令和3年度の取り組み(重点事項)
・適正な請負代金での契約締結がなされるよう、標準見積書の活用状況や見積もりに
 基づく協議の状況等について、モニタリング調査を実施

この推進期間が始まって早々、早速、宗像周辺でも立ち入り検査(抜き打ち)が行われているようです。
経管の変更等を行った会社さんを重点的に回っているのかなと思いました。

この取り組みによって、適正な労務費反映につながって欲しいと思います。