遺言書 作成手続きの流れ

当時事務所にご相談された場合の遺言書作成手順をご説明いたします。

STEP1 ヒアリング
遺言書作成のご相談。遺言のご趣旨、推定相続人、受遺者、対象財産などを確認いたします。

down

STEP2 相続財産の確認
あらかじめ、どの財産について遺言に記載したいのかを考えながら整理します。

down

STEP3 遺言のもとになる案を作成
綿密な打合せを行い、ご趣旨に沿った遺言書の案文を作成いただきます。公正証書の場合は公証人との綿密な打合せを行います。

down

STEP4 公正証書遺言の場合
証人2人の立会いが必要です。事前準備から当日の同行、証人も対応いたします。

down

STEP5 自筆の遺言の場合
よくお話をお聞きした上で遺言の案を作成します。遺言セットをお渡ししますので全文自筆で書きます。法的に有効な自筆遺言書が完成します。

down

STEP6 遺言書の保管
自筆で書いた遺言書を大切に保管しすぎたために、どこにあるかわからなくなったり、相続人の方がその遺言書を見つけられなかったりということがよくあります。重要なものはここだということを、親族の方にお知らせしておきましょう。
貸金庫に入れて置かれる方がいらっしゃいますが、貸金庫を開けるには相続人の方の手続きが一通り必要です。相続人を確定する戸籍関係の取り寄せなどに時間がかかる場合があります。

down

STEP7 遺言書の書き直し
遺言書を書いたあとに、状況が変わることがあります。悲しいことですがあげるつもりの方が先にお亡くなりになったり、家庭環境が変わったり、ご自分のお気持ちがかわったということもあります。
遺言は何回でも書き直すことができます。一番新しいものが有効な遺言書となりますので、年に一度見直して書き直すということも自筆遺言なら簡単にできます。

遺言書作成のポイント!

不動産を相続させる遺言書自筆証書は簡単に作成できますが、不動産の場合はいろいろと決まりを守ってかかれていなければ、いざという時に名義変更ができない場合もあります。
どの物件を誰にどれだけ相続させたいのか、複雑にもなりますので、考えがまとまったら、公正証書遺言にしましょう。

ご夫婦だけの遺言書子供さんがいらっしゃらない場合、よく兄弟姉妹に相続させたいと言われます。そのような遺言はもちろん作れますが、ご自分と近いお年頃ですから、もし先にお亡くなりになっていた場合には誰々に・・・という2階建てでの遺言書を作成しましょう。

遺言作成に関わってみて思うこと遺言書が開かれた時には、書いたご本人はいらっしゃいません。財産処分について必要なことはしっかりと書き込まれていることはもちろん大切ですが、なぜこのような遺言書を作ったのかというお気持ちを書面に著しておくことも大切だとつくづく思います。

けれども、できればその内容は誰かを責めたりするようなものでないほうがいいようです。現在のいろんな思いを冷静に客観的にながめて死後のことを考えるのはとても難しいことですが、生きている時のネガティブな感情を書いてしまうより、温かい言葉のメッセージが後々の相続人同士の争いを防ぐことにもなるのでは、と思います。

お気軽にお問い合わせください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム