遺言書の作成

なぜ遺言が必要なのか遺言書

遺言は財産分与のためだけに、必要なのではありません。

大切な人たちの幸せを願って、思いを託すのが本当の遺言の役目です。最後の自分を考えることは、今の時間を大切にすることにつながります。何を伝えたいのでしょうか。

自分が生きてきた証を残すには、物質は壊れますが、思いは大切な人の心に残るでしょう。

今、生きていることへの感謝をこめて、あなたの思いを伝える遺言を作ってみませんか。考えをうまく表現することが苦手な方、遺言書の原案をおつくりします。面談以外に、お電話(0940-36-9348)でもご相談をお受けしております。

お気軽にお問い合わせください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム